FC2ブログ
2011年05月24日 [00:00] 日記 

田舎の親類関係に驚き

中途半端な我が家の歴史に驚き。

オハヨウゴザイマス、Masです。
 
 
 
この時の『想記』に書いた、

“近所の知り合い”の“身体が不自由なお婆さん”が亡くなりました。

享年94歳。

それなりに長生きでした。

ご冥福をお祈りします。

……

田舎では、近所の人が亡くなると、

こぞって葬儀関連の「手伝い」を行います。

ウチの両親も、朝からいそいそと準備して出掛けました。

……その時、知ったのですが……

このお婆さん……

Mas一族の出だったんですね……

ウチの爺様と従妹の関係になるそうな……

……ものはついでとばかりに(急いでいる最中)訊いてみたら……

ウチ(Mas家本家)から(嫁や婿で)出た人から辿ると……

曾爺さん世代まで遡った場合、

小学校の同級生で5人も親戚が増える計算!!!

更に中学の同級生で2人追加!!!

曾祖父の男兄弟は全員が婿に行って、
姓が変わっているので気付かなかった……

(Masの姓は、とっても珍しいので、同県内で同じ姓は、まず親戚)

曾祖父の弟って5人も居るんですけど、

戦争で亡くなった1人以外、全員が婿に行ったとは……

当時の風習(?)に、ちょっと驚きました。

つか、中学の同級生で7人(+元々知っている従兄1人)の8人もの親戚て……

ちなみに、中学の同級生は、全員で147人です。
スポンサーサイト



Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

ブログランキング