FC2ブログ
2013年03月09日 [00:00] 日記 

第1621回「学校の先生との思い出」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当加瀬です(^v^)/今日のテーマは「学校の先生との思い出」です。3月は、卒業の季節。今年卒業される方、ご卒業おめでとうございます!新しい場所でも、皆さんがステキな出会い・ステキな毎日を過ごせますようお祈りしています★卒業式なんて遠い昔に済ませてしまった加瀬も、この季節は学生時代を思い出して、ちょっぴりセンチメンタルになっちゃいます…。加瀬が楽しかった...
FC2 トラックバックテーマ:「学校の先生との思い出」



本日はコレ。

オハヨウゴザイマス、Masです。
 
 
 
何故でしょう……

「学校の先生」と言われて、真っ先に思い起こすのは、

小学校一年生の時の担任なんですよ……

一番記憶が古い筈なのに……

……いや、特にコレと言った出来事は無いんです。

……でも、真っ先に思い浮かぶのが、「えんぴつえっぽん(一本)」とか言うこの先生。

恐らくは“最初の先生”と言う事でインパクトがあったのでしょうが……

この先生、当時でも既にお婆ちゃんに足が掛かった人でした。
こんなお婆ちゃん先生でも、相手が6~7歳のガキに対しても、しっかりと叱りますし、時には手も出ました。
ですが、当時は、田舎と言う事もあるのでしょうが、保護者と先生との信頼関係は厚く、
子供が殴られても文句を言う親は誰一人として居ません

逆に、親が怒鳴り込む様なら、他の親達から批難を浴びる状態でした。
尤も、教師の質も今とは段違いでしたが……
あ、ちなみに、私は“良い子”でしたので、叱られた事は多けれど殴られた事はありません
でも、この“叱られた記憶”の御陰で、キッチリと“倫理”や“善悪”を学んだと思っています。

……

…… ……

…… …… ……懐かしい……

当時(30年前)ですら既にお婆ちゃんに足が掛かっていた吉清先生……

今、生きているんでしょうか……
(↑ 普通は「どうしている」なのに「生きている」と言う所が時代を感じさせます)
スポンサーサイト



Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

ブログランキング