FC2ブログ
2013年05月13日 [00:00] 懐かしい 

今だからこそ子供に視て欲しいアニメ

ある意味、私の“歴史好き”の原点。

オハヨウゴザイマス、Masです。
 
 
 
昨日は、子供に視せたくない番組を書きました。

なので、本日は、今は放送していない、
子供に視て欲しい(視せたい)番組を書きます。

その番組は2つ(1つはシリーズ物)。


一つは、
『まんが日本史 (日本テレビ)』by Wikipedia
(↑ リンク先が『Wikipedia』で申し訳ない。youtubeで映像が見つからなかったのです)
でも、EDだけでも……↓
https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=Km_2jsf1G4I

このアニメを視て、参考にした、漫画版『まんが日本史』を読む様になり、
そして、歴史に興味を持つ様になりました。
視始めた切欠は、この時間帯の前か後の番組が『キン肉マン』だったんですよね。
この番組構成も当時は秀逸でしたよ。

個人的に、平将門(だったと思う)が額に矢を受けて絶命して落馬するシーンが、
子供ながらに凄く衝撃的(当時7歳の小学2年生)でした!!!
(↑ コレも見つからなくて残念……)


そして、もう一つが、
「クルクルバビンチョ パペッピポ ヒヤヒヤドキッチョの モーグタン」でお馴染みの、
『まんがはじめて物語』by Wikipedia
と、その後の『はじめて物語シリーズ』です。

色々な“モノ”の“はじめて”を紹介する番組で、
「教養番組」と言うジャンルに入れられた、凄く為になった番組です。

『まんが日本史』が名前の通り『歴史物』であるのに対し、
コチラは、よく読書感想文の題材にもなる『伝記物』に近い感じですね。


上記2つの番組は、
現在の私の大人目線でも視たい番組でもあります。



……

…… ……

何に対しても興味が希薄な現代の子供には、
こう言ったアニメの形式を用いれば、
勉学や知識と言ったモノに興味を持たせる切欠に出来ると思うのです。

信頼、信用が薄れているTV業界は、
こういうアニメを再放送すれば良いと思うのですがねぇ……
もちろん、現在の研究で判明した、或いは覆った部分はキッチリと修正して、
ですけどね……

いや、マジで、民放で再放送してくれないかなぁ……
ねぇ、日テレ、TBSさん?
スポンサーサイト



Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

ブログランキング