FC2ブログ
2013年09月20日 [00:00] 日記 

第二次大戦、戦勝五大国(常任理事国)について思っている事

戦勝……?

オハヨウゴザイマス、Masです。
 
 
 
アメリカ、イギリス、フランス、中国(中華民国)、そしてロシア(ソ連)……
上記の5カ国は、国連の中で「常任理事国」と呼ばれ、
所謂、第二次大戦の“戦勝5大国”です。
そもそも、「国連」=「国際連合」が、
“第二次大戦の戦勝国の為の組合”なので、
特権を持つ「常任理事国」に“戦勝国”から選出されるのは、まぁ解ります。

(ここから私の主観です)
ですが……
チョット待って欲しい。
様々な思惑から、上記の5カ国が「常任理事国」になったのは仕方無い。
ですが、コレ等の国全てを“戦勝国”と言うのは、間違いじゃ無いのか?
と、思うのです。

私の意見としては、
“第二次大戦の”戦勝国として胸を張って良いのは、
アメリカとイギリス、そしてソ連の3カ国だけ

残り2カ国の、
フランスと中国は、
“敗戦国”から解放して貰っただけで、
大戦中、別段“戦功を上げた訳では無い”コバンザメ的な存在

しかも、
現在の中華人民共和国ですら無い!!!
ソレで、デカイ面してるんですよね……
シナだけでしょ、国際連合設立後にウイグルやチベットにした様な事をしているのは?

……後、コレは“日本のみ”の主観ですが、
ソ連に対しては“火事場泥棒”としか言い様が無い!!
尤も、ソ連の条約破棄の日本への侵攻は、
アメリカとの協議みたいですケド……

いつまでこんな“不思議な”制度(常任理事国)にしているんでしょうねぇ?
スポンサーサイト



Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

ブログランキング