FC2ブログ
2007年02月05日 [01:30] 日記 

カタヲネチガエタ……長い1日(夜編)

現在、(肩を庇った所為での)右腕の筋肉痛です……。

オハヨウゴザイマス、Masです。
 
 
 
2月2日――夜

19:00 とりあえず、「安静にしていなくては」と思い、ベッドに横になろうと試みる。
    両腕、両肩に激痛走り断念!!
    ベッドに座ってテレビを見る事にする。(視線はほとんど動かない)

    小用の為に立ち上がるだけでも激痛。すげぇ嫌な予感が・

21:00 眠れなくなる様な予感がヒシヒシとする。
    眠れる体勢になれるかどうかを色々と試す。

    腕に力を入れると痛むので、どうにか腕を使わない方法を模索。
    ベッドに座った後、身体を倒す――倒す瞬間に激痛!
    腕を使わずに身体全体を最初から横に――根本的に無理!
    腕の痛みを我慢して、横になってみる。そして安静にして……
     ――ベッドの柔らかさで、身体が動く度に激痛! たまらず起きる。
    他、色々とやってみる……が、どれも痛みが走る!
    ……やはり、生活には何気なく腕の力を使っている事を知る。

23:00 いい加減疲れ果てる。
    ……少々あきらめて、『逆転裁判Ⅱ』をやる。

 
2月3日――早朝(深夜)

01:00 真面目に寝ないとヤヴァイので、再度眠りを試みる。

    横になると、どうしても痛い!
    ……そして、横になるのを諦める!
    この時、車のシートではなんとか休めた事を思い出す。
    ……なので、壁にもたれかかって眠ろうと考える。
    クッションを壁に置いて、寄りかかる――を、結構良いかも?
    しばらくこのままの体勢でいる。

01:40 やっぱり痛い!!
    ここでも、柔らかさ――クッションの柔らかさが、ネックとなる。
    頭を少し動かしただけでも痛い!
    更に気付く。この体勢、絶対"首が寝違える!!"
    "肩の寝違え"を庇って"首を寝違える"なんて、言語道断!!!
    そして、暫し考える……
    下が柔らかいと痛い。だから下は固くないといけない。
    ……ベッドはダメだ。……とすると、床か?
    だが、部屋の床(畳)は……とても寝られる状況じゃ無い!
    ……そうなると……母屋に戻るか……?
    ……母屋に行けば、薄い座椅子もある。あれを巧く使えないか?
    ……考えていたって始まらない。とりあえず母屋に行こう。


01:50 母屋へ。夜の寒さに身体が小刻みに震える。
    「あれ? もしかして風邪引いた?」 と、不吉な予感が……

02:00 座椅子を引きずり出し、コタツに入る。
    この動作だけで、超絶痛い!!
    身体の左半身を畳に、右半身を座椅子に掛かるようにする。
    ……あ、良いかも……
    壁にもたれるより身体の動きも少ないし、力を入れる事も無い。
    この体勢でしばらくいようと思う。

03:00 ……ふと、気がつく。
    どうやら、まどろんでいたらしい……
    これなら、眠れる!

    以後、途中に何度か起きるも、何とか眠れた。


    ……こうして、長い一日は終わった。


2月3日――朝 (その後……)
    
    やっぱり身体全体がすげぇ痛ぇ!!!
    どう考えたって、昨日より痛い!
    泊まりに来ていた姉貴に頼んで、医者に連れて行ってもらう。
     ↑ 車を運転できそうに無いほどの痛み
    医師にこう言われた。
    「寝違えだけど……ここまでヒドイのは珍しいな……」
    ……
    …… ……
    …… …… ……il||li_| ̄|○il||li
    湿布薬と飲み薬、痛み止めの注射も打ってもらって、漸く痛みが和らぐ。

    ……いや、本当に辛かった……
    ……寝相が悪いと、こんなに辛いんだね……
    ……今度から気をつけます……はい。


    ……現在、肩じゃ無く、両腕が筋肉痛……
    ……多分、夜の眠る際のあれこれで肩を庇って腕を酷使したから……
    ……だと、思われる。
スポンサーサイト



Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

ブログランキング