FC2ブログ
2018年09月08日 [00:00] 日記 

地震報道の度に思い出す、あの力強い言葉

災害大国、日本。

オハヨウゴザイマス、Masです。
 
 
 
「北海道胆振東部地震」……
「熊本地震」の時も思ったのですが、
まさか、北海道で、九州で大地震が起こるとは……
あ、大阪の高槻の奴は、
「慶長伏見地震」を知っていたので、そんなには……

……本題。
こうして、地震の報道がされる度に思い出すのが、
7年半前の「東日本大震災」の際の避難先での言葉。
千葉の沿岸部に住んでいる私は、
当時、津波を警戒し、当然の如く避難をしていました。
避難先にて、スマホを持っていた人から東北の映像を見せられて……
流石に震源地から遠い地でも、
停電で薄暗く、余震もある状況だったので、
この避難所もいつ崩れるか? との感情が、
避難所の中の人々に湧き上がっていました……
そんな中、一人の初老の男性が立ち上がって叫んだのです。
「俺が建てたんだから、この建物は大丈夫だ!!!」
そう、その男性は、避難所である旧町役場を建てた大工の棟梁。
その言葉を聞いた瞬間、皆の「ホッ」と言う安心の溜息が聞こえたのを、
今でも覚えています。
ソレ程、その時の私達には心強い、力強い言葉だったのです。

……現在、北海道では、
避難している人も多いでしょう。
その人達にも、心強い、力強い、“何か”が有れば良いと思っています。
――恐らくは「自衛隊」の方々の存在が、ソレを担っていると思いますが……


……
…… ……
…… …… ……こんな中でも、
「安倍ガー」「自衛隊ハー」とかホザく売国奴、何なの!?
スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

ブログランキング