FC2ブログ
2019年02月19日 [00:00] 日記 

堕ちた母校……

現役高校生たる甥弟に聞いた事。

オハヨウゴザイマス、Masです。
 
 
 
我が母校S高校。

◯戦前戦後は、“県下2位”の偏差値だった――らしい……

◯俺等の親世代は、“地元では1番の進学校”
毎年、東大合格者も数人は居た。

◯俺等世代とちょい前、“ソコソコの進学校”(ラノベの舞台の高校程度)
当時は、「私立より公立」って考えだったので、ソレナリに人気。
だが、勉学に対する意欲はソレ程でも無かった。
その影響か知らんが、俺等の1コ下から、「英語科」や「特別授業(7時間目)」等が増え、
ソレでチョイと進学率が上がった……のかな?(卒業してからの事は知らん)

◯俺等よりちょい後、“ちょい暗黒時代”
結局、そんなに進学率が増えた訳でも無かったらしい。
んで、この頃から「私立に行けば大学行くのが楽」みたいな風潮になり初めて、
「金があれば私立」って感じだった。

◯少し前
何か知らんが「進学指導重点校」とかになって、
無理矢理、課題や勉強をさせられて、ソレナリに進学率は上がったらしいが……

◯現在
定員を減らしたにも関わらず、募集ギリギリだそうな……
“公立たる我が母校”より“私立の特進クラス”の方が、
“私立の推薦枠も多く進学しやすい”
って事が広まった。
後、上記の「進学指導重点校」とかの所為での課題と勉強、模試の多さで、
中学の教師から「やめておけ」と言われるくらいのダメ校に成り下がった!!
らしい……
進学率?
そんなん、高くならないわな……

……
…… ……
…… …… ……何か……
悲しいなぁ……(苦笑)
スポンサーサイト



Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

ブログランキング