FC2ブログ
2019年08月16日 [00:00] 日記 

「迎え火」と「送り火」

旧き良き?田舎の風習……

オハヨウゴザイマス、Masです。
 
 
 
「迎え火」
盆の入りの際に、
家に迷わず来られる様に、
「お帰り」と火を焚いて家までの道を示す。

「送り火」
盆の終わりの際に、
迷わず“あの世”に行ける様に、
「また来年」と火を焚いて浄土までの道を示す。

毎年、コレを行っているのですが、
コレ等の儀式の際に、
家の門、或いは、玄関の軒先で、
“麻の茎を乾かしたモノ(名前忘れた)”に火を点けるのですが、
あの、正直、毎回思っているのですけど……
火、危なくないかい?
屋外で、しかも「送り火」の時は夜に行うので、
火の後始末が、ね……
風がチョットでも強いと、火の粉が飛ぶし……
……幸いにも、
地元で、コレが原因で火事にはなっていませんが……
でも、危険である事には変わりないのです……
……だからと言って、
この儀式、止める訳には行かない……
う~ん……困りました、ねぇ……(苦笑)
スポンサーサイト



Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

ブログランキング