FC2ブログ
2007年12月15日 [00:00] 日記 

双子座α流星群

"放射点(流星の発射地点)"が「カストル(双子座α星、1.6等級)」なので、

比較的分かりやすい。

オハヨウゴザイマス、Masです。
 
 
 
12月15日未明4時に、三大流星群の一つ、"双子座α流星群"が極大になります。
(↑ ちなみに、他の二つは、
   1月4日頃に極大になる"しぶんぎ座流星群(りゅう座ι流星群)"と、
   8月13日頃に極大になる"ペルセウス座γ流星群")

4時に起きているのは大変ですし、14日20時以降は月が沈むので、

22時頃、ちょっと外へ出て夜空を眺めました。

元々α星の「カストル」が"放射点"なので分かりやすい流星群なのですが、

今年は近くに火星があるので、更に分かりやすくなっています。

ま、ともあれ、「カストル」を視野の真ん中に捉え、視界全体で夜空を眺めます。

……待つ事数秒。

ひとつ。

……更に数秒。

またひとつ。

……ほとんど間を空けず。

ひとつふたつみっつ。

長い尾を引いたり、眩く輝いたりするモノはありませんでしたが、

ほんの数分で10個以上もの流星を見る事が出来ました。

もうちょっと粘れば更に多くの流星を見られたのでしょうが、

寒くなって来たので、部屋に引き上げました。

極大は15日4時ですが、これはあくまでも最も多く見れる時刻なので、

15日夜~16日未明に掛けても、数は少なくなりますが、見る事は可能です。

見忘れた方は御覧になっては如何?

流星でなくても、月が沈んだ後の冬の夜空はキレイですよ。
スポンサーサイト



Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

ブログランキング