FC2ブログ
2006年02月14日 [15:06] 想記 

地方の常識

日曜洋画劇場の『CASSHERN』・・・
ぶっちゃけ意味分からなかった!!!!!
私の理解力が無いから・・・なのか?

ファンの方、すみません・・・m(_ _)m

こんにちは、Masです。


「常識」・・・
常に識るもの、と書いて「常識」・・・
けれど、人種や風土、立場が違えば、変わってしまうのが「常識」・・・

例えば「七五三」
私の住む千葉県北東部では、
「七五三」は「結婚式の披露宴」並の規模で行われます。
だけど、そんな事は全国的に見てだと言うのを、
社会人になってから知りました!!!

例えば「呼び名」
千葉県は、全国で最も平均標高が低い都道府県です。
県内で一番高い山でも、400mをちょっと越える程度・・・
千葉県北東部なんぞ、「山」と呼ばれるものは、
冬の晴れた日に見える、「富士山」や「筑波山」程度!!!
だもんで、我が町(今は市)で「山」と言うと、ちょっと意味が違います。
では一体何を「山」と呼んでいるのか? と言うと・・・
九十九里海岸に植林されている「防砂林」と呼ばれるもの・・・
まぁ・・・「林」(森に非ず)の事をそう呼ぶんですよ。
真っ平らな土地に生えている「林」を「山」!!!
・・・まぁ、これは幼い頃から変だとは思っていましたが・・・

例えば・・・

・・・ってキリが無いですね(苦笑)

皆さんもあると思います。
〝高校や大学、社会人になって初めて知った、ウチだけの常識〟
改めて思い起こせば、また新たなる発見があるかも?

例えば「林」を「山」と呼ぶ理由・・・とかw
スポンサーサイト



Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

ブログランキング