FC2ブログ
2008年10月18日 [00:00] 日記 

まつりだわっしょい!  ~参:一時中断~

昨日のアレは、

子供を泣かした事よりも、

農業を舐めている事にムカついているのです。

オハヨウゴザイマス、Masです。
 
 
 
祭りレポ・参 ~一時中断~


 午前10時。
 祭りも漸く中盤に差し掛かる。
 この辺りから、既に足が痛くなる!!
 ……後10時間もあるのか……
 先は長い。
 ここから"200m練り歩き+バス移動"が2セット。
 朝の事もあるので、バス移動が不安である。
 そして……
 不安は的中した。
 予想の遥か斜め前を通り過ぎた形で!!!
 バス移動の際には、人間以外にも様々な物を運ぶ。
 太鼓を初めとする楽器や旗、万灯。
 そして、神輿とそれを運ぶ為の担ぎ棒……
 それ等は軽トラックの荷台に積まれ、それを支える為に何人かの人も乗る。
 ……その"何人か"がまずかった。
 "何人か"――ほんの数人で良かったのに、"何人も"――10人単位で乗ってしまった。
 担ぎ棒に。
 更に悪い事に、"とある馬鹿一人"がその担ぎ棒に乗った状態でハシャイだのだ!!
 ……そうなると……
 便乗するのが居るわな。
 その便乗したのが……
 "助っ人の担ぎ手達"
 担ぎ棒に乗っていたのは、この人達だった。

 3度目のバス移動で到着した家にて。
 バスを降りると、怒号が飛び交っていた。
 「予備あるか!?」
 「確か神社にあった筈」
 「よし、それ急いで持って来い!!」
 何かが起こったらしい。
 場は騒然……いや、困惑の空気が漂っていた。
 何事が起こったのか?
 近くに居た役員の一人に聞いてみた。
 「担ぎ棒が折れた」
 ……はい?
 え? 何で? そんな変な使い方したっけ?
 「棒の上で騒いだ奴が居て、それで折れたんだよ!」
 その役員は苦々しく吐き捨てる。
 そう、上記の様に担ぎ棒の上でハシャイだ奴等が居た。
 その結果がコレだった。 
 当初組上げていた担ぎ棒は全部で6本。
 本来なら「井」型で4本の所、担ぎ手を増やす為に更に外側に1本ずつ増やしていたのだ。
 折れたのが、その外側のであれば良かったのだが……
 実際に折れたのは、「井」を模る棒。
 しかも2本!!
 こうなってしまっては神輿が担げない。
 急いで換わりの棒が必要となる。
 不幸中の幸いというべきか、本来の担ぎ棒が神社にあるという。

 それが来るまで……

 祭りは一時中断となった。

スポンサーサイト



Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

ブログランキング