FC2ブログ
2008年10月21日 [01:30] 日記 

まつりだわっしょい!  ~捨:我が家に神輿がやって来た~

天気予報を見ると、他の地域に比べて、銚子の気温がフリーダム!!
※ 関東地方の方しか分からないネタです。関東の方なら何となく分かるでしょう。

オハヨウゴザイマス、Masです。
 
 
 
祭りレポ・捨 ~我が家に神輿がやって来た~


 およそ30分後。
 換わりの――というか、本来の担ぎ棒が到着した。
 黒塗りの、何だか高級そうに見えるソレ。
 折られた奴よりも細く、そしてより角ばっていて、いかにも痛そうである。
 その黒塗りの担ぎ棒をセットし、再び出発となった。

 ここからは、我が地元の地区を練り歩く事になる。
 予定としては、昼食休憩も含めて3時間半の行程である。
 だが、参加者の誰一人として絶対時間オーバーすると思っている。
 その為に、午前の行程を結構ハイペースで進み、予備時間を稼いだのだが……
 担ぎ棒が折れた事でソレが全て吹っ飛んだ!!
 なので、地元であろうが、予定通りに事を運ばねばならない。
 そうしないと、この後にあるメインイベントに支障をきたすから。
 仕方ないのである。

 地元に入って2軒目。
 担ぎ棒が折れた事に続いて、2つ目の大きなトラブルが起こった。
 助っ人の担ぎ手の一組、「T会」と一触即発の事態になったのである。
 どうして、そんな事態になったかと言うと……
 まぁ、何て事は無い。
 もっと神輿を揉みたかった「T会」に、コチラの進行係が「停止」を命じた。
 ……たった、それだけ。
 「もっと揉ませろ!!」と言う「T会」に対し、
 「ダメだ!!」の一点張りの進行係。
 それに対し、更に激昂する「T会」のリーダーに、進行係が言った一言が……
 「言う事聞けなければ帰れ!!」
 ……そりゃ言いすぎだろうよ……
 尚も詰め寄る「T会」リーダーを、他の「T会」のメンバーが宥める。
 「こっちは応援しに来てやっているのに……」
 いや、正しくごもっとも。
 それでも、敢えて言うならどっちもどっちであるけどね。
 でもまぁ……
 大事にならずに良かった

 地元の3軒目。
 ……ぶっちゃけ、我が家である。
 この"神輿の寄る家"ってのには、実はいくつかの"暗黙の了解"みたいなのがある。
 ○庭がある程度広い事
  まぁ、言わずもがな。踊りを踊るスペースがなければお話にならないからね。
 ○"分家(新宅)"には基本的には寄らない
  ……田舎の嫌な風習というか……"本家"を立てなければならないので。
  "本家"にも寄るのであれば、"分家"にも寄る場合が稀にある。
 ……鬱陶しいなぁ、コレ……
 一番目は兎も角、二番目はどうでも良いじゃんか……
 我が家は"本家"であり、家業の都合上、庭はそこそこ広いので……
 更に言うと、その条件を満たしていて神輿を寄らせないと言うと、みっともない風に思われる

、らしいので、"本家"の見栄の為に寄るのである。

 ……って事で、毎年、神輿は来る。
 ウゼぇ……
 神輿が寄る家には、一つ特典(?)らしきモノがある。
 神主がその家の一家を対象にお払いをしてくれるのである。
 そのお払いは、神輿が来る前に行われる。
 そんな訳で、私は行列を離れ、一人先行し、一足早く我が家に着いた。
 ……お払いは終わっていたがな。
 婆一人残して祭りに参加している我が家族。
 だが、家の留守番は婆一人では無い。
 父方の叔母×2、母方の叔母とその息子、姉貴と甥っ子×2、親戚のジジババ×4。
 更には、祭りに参加していないご近所さん×n……
 何とまぁ、賑やかだこと……
 姉貴と叔母の一人はビデオカメラ片手に録画。
 その他の親戚連中は屋外テーブルと椅子を設置して鑑賞モード。
 ご近所さんも同上。
 甥っ子二人は……何か『Wii』やってるし……
 神輿が来て、踊りが始まっても、どこ吹く風の甥っ子共。
 何てフリーダムなんでしょうか、このガキ共は!!
 でもまぁ、親戚のジジババやご近所さん達は、楽しんでくれていた様なので何よりでした。

 そして、行列は、車線の片側を通行止めにしつつ、一路、昼食休憩の場たる"宿(やど)"へと向かう。
スポンサーサイト



Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

ブログランキング