FC2ブログ
2008年10月27日 [01:00] 日記 

まつりだわっしょい!  ~陸:最後の盛り上がり~

『00』で……

何か敵方の将校が、28、9の女性(マリナ)を「麗若き……」とか言っているし……

後、名前呼ぶ時、フルネームで呼びすぎやせんか?

「マリナ! マリナ・イスマイール!」とか「刹那! 刹那・F・セイエイ!」て……

日本人で言うと、「太郎! 麻生太郎!」って言っているのと一緒……

オハヨウゴザイマス、Masです。
 
 
 
祭りレポ・陸 ~最後の盛り上がり~
 
 
 
 メインイベントが終わると、後は帰りの道程のみ。
 ……とは言っても、ここから立て続けに家々を廻るので、結構時間は掛かる。
 まぁ、それでも気が楽になっている訳なんだが……
 列を見回すと、皆どこかホッとした表情になっている。
 ……
 …… ……
 …… …… ……ん?
 をや……?
 ……えと、どうも……
 笛の吹き手が少なくなっているのだが……?
 ……4ヶ月やって殆ど覚えなかった中坊兄弟が居ねぇ!!
 更に、吹き手が少なくなっているにも関わらず、小太鼓をやっている阿呆女が2人も居る!!
 テメェ等……!!
 ……まぁ、阿呆は放っておこう……
 そんな事よりも、そろそろ踵が結構限界に……!
 各家々に寄った際、踵を爪先より高い位置にして休ませたりしているが……
 それでも、やっぱキッツイわ……
 でも、後もう少しで終わる。
 もう少しだ。

 最後のバス移動が終わり、いよいよ神社へと帰る。
 この帰還の際、ちょっとした決まり事があったりする。
 鳥居をくぐる前の道順として、鳥居の左手側(つまりは東側)から来なければならない……らしい。
 だが、コレを私が知ったのは、祭りが終わってから。
 今回の祭り、思いっきり右手側(西側)から鳥居まで来ていたんだよね、コレが。
 まぁ、神社からの立会人も何も言わなかったから、仕方ないわな。
 それともう一つ決まりがある。
 鳥居をくぐったら、榊を神社に奉納するまで神輿の担ぎ手の交代はいけない……らしい。
 だから、鳥居をくぐるその前、鳥居前で、神輿を揉む。
 時刻は午後7:00。
 大太鼓の号令の下、最後の祭囃子が始まった。
 空は暗く、長かった1日の終わりという中、テンションは最高潮!!
 大太鼓の打ち手、20組もの担ぎ手が次々と代わり、合いの手の声も大きくなる。
 我等お囃子の面々も、休み無く演奏を続ける。
 朝一ではあまり良い音が出なかった笛の面々も、1日吹き続けた"慣れ"と、テンションMAXのお陰で、高い音が出る様になっており、お囃子も1日で最も大きく、そして綺麗な演奏となる。
 疲れ?
 不思議な事に、このテンションMAXの中では、あまり感じない。
 1日の中での最大、最高の演奏、最大の合いの手、神輿揉み、そして、最高のテンション……
 この最後の"神輿揉み"は、『御浜下り』よりもよっぽど盛り上がるのだ。
 この後が大変なんだけど、ね……  

 この最後の盛り上がりが30分程続いた後、神輿は鳥居をくぐる。
 そして、本日の"神事"の最後の仕上げとなる。
スポンサーサイト



Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

ブログランキング